MENU

ミトコンドリアサプリで体の内側から不妊対策!

不妊に効くとして話題のミトコンドリア

 

以前はかなり高額でしたので手が出しにくい印象がありましたが、少しずつ価格が下がってきました。

 

卵子や精子の老化で悩んでいる方はぜひミトコンドリアを利用して抗酸化力をアップさせましょう。

 

ミトコンドリア入りのサプリがおすすめ!

 

ミトコンドリアは細胞のエネルギーを作り出す大事な役割をしています。

以前はサプリも月に2~3万円程度するのが当たり前といった価格設定だったので、いいとわかっていても継続が難しいという方が多かったようです。

 

ミトコプラスはリニューアルを繰り返して、ようやく月に8千円程度という価格にすることに成功しました。

 

卵子や精子はどうしても老化していきます。
35歳をこえると老化が始まって妊活が難しくなっていくのは仕方ないことです。

 

また年齢に関わらず、仕事のストレスなどで老化が早くなってしまう方も珍しくありません。
なかなか授からないという方はぜひミトコンドリアを検討してほしいと思います。

 

ミトコプラスはどんな成分で出来ているの?

 

ミトコプラスはミトコンドリアだけでなく、抗酸化の高いポリフェノールであるヴィネアトロール(ぶどう由来)、リコピンより吸収率の高いリコマット、還元型コエンザイムQ10であるカネカQ10という3つの抗酸化物質で卵子と精子の老化を食い止めていきます。

 

この他にも体脂肪を燃やすカルニチンやDHA&EPAなど体質改善に必要な成分をプラス。

 

適度な運動をしながらこのサプリを摂取してもらうと、さらにミトコンドリアの効果が上がるので、おすすめです。

 

栄養と運動によって取り入れる酸素が活性化のカギだからです。

 

一応定期コースは3か月で解約オーケーとなってはいますが、実際に変化をしっかりと感じるのは半年くらいたってからの場合が多いですね。

 

それだけ体質改善には時間がかかるので、あまり焦らずにのんびり続けていくのが秘訣かもしれません。

 

サプリを活用しながら生活習慣を整えましょう

 

もちろんサプリを飲むだけでなく、普段から食生活や運動などに注意していくのが大事です。

 

サプリを飲んでいても冷え性だったり、極端な偏食では意味がありません。
また週に1回程度は少し食事を減らしてみたり、早食いにならないようにゆっくり噛んでみたりといった工夫も取り入れてみてください。

 

 

関連ページ

不妊治療経験者の矢沢心さんおすすめの不妊サプリはこちら!
矢沢心さんが利用していたサプリはプレグルES-46という、リニューアル前のミトコプラスのことです。成分が変わっていますので違いを比較してみましょう。多嚢胞性卵巣症候群のため、5年以上不妊治療をしていたようです。
35歳男性の不妊の原因にはどんなものが?
男性も女性と同じように老化現象は始まります。35歳以上になれば男性の精子も老化して不妊の原因となることは珍しくありません。原因特定にはまず精液検査を受けてどんな状態なのかを確認してから治療方針を決めていきます。
35歳はそろそろ不妊治療を考えた方が良い?
不妊治療は早ければ早いほどいいものです。35歳になればのんびり考えている余裕がない状態です。早めに病院に相談して治療方針を決めていかないと手遅れになってしまう方も多いですね。助成金なども年齢制限がありますのでぜひ早めに相談してください。
このページの先頭へ