MENU

不妊治療経験者の矢沢心さんおすすめの不妊サプリはこちら!

矢沢心さんが利用していたサプリはプレグルES-46という、リニューアル前のミトコプラスのことです。

 

成分が変わっていますので違いを比較してみましょう。

 

多嚢胞性卵巣症候群のため、5年以上不妊治療をしていたようです。

 

ミトコプラス(ES-46)の成分は?

 

矢沢心さんは多嚢胞性卵巣症候群や生理不順があり、結婚してから不妊治療に励んでいました。

 

病院で体外受精をしても失敗が多く、病院の治療以外にもできることをしようと選んだのがミトコプラスのリニューアル前の商品であるプレグルES-46です。

 

ES-46の主成分はゼオライト、アグリコン型イソフラボン、ヒハツ抽出物、オリーブオイルです。これらをひとつずつ見ていきましょう。

 

ゼオライト

 

ゼオライトとは火山からでた溶岩が海水と混ざってできた天然鉱石で別名沸石といわれています。
デトックス効果があるとして入っています。
ニキビの原因になる老廃物を出したり、老化の原因となる活性酸素を除去するともいわれています。

 

アグリコン型イソフラボン

 

アグリコン型イソフラボンは発酵食品である味噌や醤油に含まれているものです。
豆腐や豆乳に含まれるグルコシド型イソフラボンは分子が大きく、吸収されにくいのですが、アグリコン型は吸収がいいものです。

 

とはいっても味噌や醤油をたくさんとりすぎると塩分のとりすぎになるのでサプリで取ると効率的というわけですね。
女性ホルモンのバランスを整えて、美容や健康に役立ちます。

 

ヒハツ抽出物

 

ヒハツ抽出物とはヒハツとはこしょうの仲間で冷え性やむくみを改善してくれます。

 

オリーブオイル

 

オリーブオイルにはオレイン酸が入っていて、抗酸化作用や活性酸素を除去してくれます。

 

ミトコプラスは昔よりお手ごろになった!?

 

いまのミトコプラスとの圧倒的な違いは価格。

 

プレグルES-46は2万千円、定期利用でも1万7千円程度していました。
ミトコプラスは約8千円です。

 

内容成分も抗酸化成分がミネラルCB-1というものを(ヴィネアトロール、リコマット、カネカQHの3つを総称してこう呼びます)加えてカルニチンなどの健康成分もさらにプラス。

 

成分はがらっと変わってより抗酸化力がアップしているにも関わらず、コストダウンしているので利用しやすなりましたね。
リニューアルでミトコンドリアサプリがより身近になった感じがします。

 

 

関連ページ

ミトコンドリアサプリで体の内側から不妊対策!
不妊に効くとして話題のミトコンドリア。以前はかなり高額でしたので手が出しにくい印象がありましたが、少しずつ価格が下がってきました。卵子や精子の老化で悩んでいる方はぜひミトコンドリアを利用して抗酸化力をアップさせましょう。
35歳男性の不妊の原因にはどんなものが?
男性も女性と同じように老化現象は始まります。35歳以上になれば男性の精子も老化して不妊の原因となることは珍しくありません。原因特定にはまず精液検査を受けてどんな状態なのかを確認してから治療方針を決めていきます。
35歳はそろそろ不妊治療を考えた方が良い?
不妊治療は早ければ早いほどいいものです。35歳になればのんびり考えている余裕がない状態です。早めに病院に相談して治療方針を決めていかないと手遅れになってしまう方も多いですね。助成金なども年齢制限がありますのでぜひ早めに相談してください。
このページの先頭へ